So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【Super Butter Dog-4】外出中(2) [音楽]

【Super Butter Dog-4】外出中(1)より続く)

 この後、「5秒前の午後」と「アサガオ記念日」のデモテープを作るところまで付き合い、バタードッグは事務所移籍となったので、そこまでが僕の責任範囲だ。

 「外出中」「コード」「ティップ・ティップ」「5秒前の午後」「アサガオ記念日」が同時期の作品で、ひとつのまとまりになっていると思っている。次のシングルに予定していた「5秒前の午後」は、言って見ればトモヒコの歌。トモヒコくんは当時、ノストラダムスの大予言が当たって1999年で地球はなくなると信じていた。「だからバンドをやめたい」という相談を受け、「バンドやめてどうするの?」と尋ねると、「どうせ死ぬならアムステルダムでトビながら死にたい」と。「どうせ死ぬつもりだったら、日本でもトビながら死ねるじゃないか?」というと、「やっぱり安心してトビながら死にたい」と、結構現実的な話しだった。

 「5秒前の午後」に関しては、デモテープの段階ではブリッジの部分ができていなかったので、「アムステルダムでトビながら死ぬ男」の物語をラップで入れるのはどうだろう?と、少なくともトモヒコとは話した記憶がある。当時ジブラ氏のリミックスを竹内くんがやっていたので、ラッパーとコラボも良いと思ったし、ビデオはアムステルダムロケもいいな〜と思っていた。冒頭トモヒコが運河を泳いでいるカットから始まる。THE WHOの「四重人格」の中に入っているブックレット(これをベースに映画「さらば青春の光」ができた)のような雰囲気で、ストーリーが展開。地球が終わろうがどうなろうが、「自分という謎」は解決しないと気づいたトモヒコが、アムステルダムの運河の前で「気狂いピエロ」のフェルディナンのように、顔にダイナマイトを巻いて導火線に火をつけるのだが、5秒前に「こんな死があっていいわけがない」と後悔し火を消そうとする。が、爆発。地球は終わらない…。総製作費1億円ぐらいか?

 ここまで書いてきて気づくのは、全部何かのパクリや引用をやろうとしている…ということだ。軽薄にもパクリをやろうとした結果、別物ができる。「全ての映画が撮られてしまった後」、その地点から既に半世紀である。

-------------------------------------------------
「外出中」
  ★ミュージックビデオ外出中
  ★ミュージックSUPER BUTTER DOG - SUPER BETTER BETTER DOG

<関連作品>

333号室

333号室

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: CD
    ※リ・マスターされた再発盤

SUPER BETTER CLIPS [DVD]

SUPER BETTER CLIPS [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN
  • メディア: DVD
    デビューからのクリップ、全18曲を収録。
    「外出中」も入っています。

text by Y 


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。